プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

先斗町のBARで働いている活発なのか、引きこもりなのかわからないバーテンダーです。

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2010年5月 | メイン

2010年6月

2010年6月30日 (水)

ザ・モルト・オブ・カゴシマ1984

本坊酒造が1949年に立ち上げた「マルスウイスキー」のウイスキーです。
鹿児島で誕生したマルスウイスキーは、1985年に信州にその拠点を移します。
工場移転の前年1984年に鹿児島工場で最後に蒸留された、5種のシェリー樽25年貯蔵原酒をヴァッティングしてつくられたのがこのウイスキーです。

「雄大な桜島を連想させる重厚な味わい」、「錦江湾の磯の香りを感じさせるピート香」というのが売り文句です。

実際、独特です。ピートを焚いたウイスキーというとスモーキーで薬品ぽい感じを連想しますが、これは違います。日本酒のような甘やかな香りが全体を包んでいて、カドがなく円やか。
かといって枯れた感じではなく実に活き活きとしていて、シェリー樽熟成ウイスキーによくある渋みはありません。後味は品が良く穏やかです。

何といっても評判がいいんです!
ウイスキーを飲みなれた方々が、この1本で目を輝かせて喜んでいる姿を何度も見てきました。
限定本数3018本で、鹿児島蒸留ウイスキーとしては最後の販売です!
希少性と納得できる旨さの両方を満たすウイスキーです。
ベテランの方々、ぜひ!

2010年6月 9日 (水)

シングルモルトウイスキー白州バーボンバレル

白州モルトの特徴はというと、軽快な飲み口、ほどよいスモーキーフレーバー、フルーティな甘みとモルティな旨みといえます。

シングルモルトウイスキー白州バーボンバレルは、バーボンバレル(バーボンウイスキーの貯蔵に使われた樽で、容量は180リットル)熟成の白州モルト原酒のみのヴァッティングでつくられた数量限定ウイスキーです。

山崎バーボンバレル同様、バーボンというワードから自然に受ける腰の強さ、コクのある重い甘さとは少し印象の違うウイスキーです。

メレンゲを飲んでいると言ったら大げさですが、そう思えるほどにフワフワと優しい飲み口です。甘みの重さは山崎バーボンバレルに譲りますが、フルーティな香味の広がりの範囲は凌ぎます。
飲み込むと、喉には優しく、鼻には強めにバックが抜けてきます。

常温ストレートに少しずつ加水してみて下さい。
徐々に伸びていく香味の影響範囲が非常に分かりやすくて楽しいですよ。

2010年6月 4日 (金)

水割りとソーダ割り

ストレート、ロック、ミスト、ウイスキーの飲み方は大雑把に分けても数多くあります。さらに氷の形、硬さ、積み方、そもそも氷を入れるのか、グラスの形、高さ、ウイスキーの注ぎ方など、香味に影響する要素は様々にあり、少しの違いでストレートですら数多くの、無限のヴァリエーションがあります。

が、今日はあえて大雑把に、ウイスキーに水分が加わるとどうなるか?水割りとソーダ割りについて少し。

ウイスキーの水割りは海外ではあまりない飲み方で、日本独特の飲み方といえます。
比較的お酒に弱い方がアルコールを薄めるため、という目的もありますが、実はウイスキーが含んでいる香味は、水が加わった方が「開き」ます。抽象的な表現ですが・・・水とウイスキーが融合し、香味が感覚器官に影響する範囲がグッと広がって、穀物の旨みが優しく長く続きます。

では、ソーダ割りは水割りとどう違うのか。
水分との融合でウイスキーが「開く」ことは同じですが、ソーダ割りはベースのウイスキーの持つ香味の個性を分かりやすくする作用があります。炭酸の刺激と相まってより鋭角的に鋭く感覚器官に伝わります。

つまり
水割りはウイスキーの輪郭を円く広げて
ソーダ割りはウイスキーの輪郭をシャープにハッキリとさせます。

気分に合わせてチョイスして下さいね☆
ストレートをハーフで2つオーダーして、水とソーダをそれぞれ加えながら味の変化を楽しむのもアリです♪

先斗町 BAR 吉祥 のサービス一覧

先斗町 BAR 吉祥