プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

先斗町のBARで働いている活発なのか、引きこもりなのかわからないバーテンダーです。

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

飲み物/お酒 Feed

2010年6月30日 (水)

ザ・モルト・オブ・カゴシマ1984

本坊酒造が1949年に立ち上げた「マルスウイスキー」のウイスキーです。
鹿児島で誕生したマルスウイスキーは、1985年に信州にその拠点を移します。
工場移転の前年1984年に鹿児島工場で最後に蒸留された、5種のシェリー樽25年貯蔵原酒をヴァッティングしてつくられたのがこのウイスキーです。

「雄大な桜島を連想させる重厚な味わい」、「錦江湾の磯の香りを感じさせるピート香」というのが売り文句です。

実際、独特です。ピートを焚いたウイスキーというとスモーキーで薬品ぽい感じを連想しますが、これは違います。日本酒のような甘やかな香りが全体を包んでいて、カドがなく円やか。
かといって枯れた感じではなく実に活き活きとしていて、シェリー樽熟成ウイスキーによくある渋みはありません。後味は品が良く穏やかです。

何といっても評判がいいんです!
ウイスキーを飲みなれた方々が、この1本で目を輝かせて喜んでいる姿を何度も見てきました。
限定本数3018本で、鹿児島蒸留ウイスキーとしては最後の販売です!
希少性と納得できる旨さの両方を満たすウイスキーです。
ベテランの方々、ぜひ!

2010年6月 9日 (水)

シングルモルトウイスキー白州バーボンバレル

白州モルトの特徴はというと、軽快な飲み口、ほどよいスモーキーフレーバー、フルーティな甘みとモルティな旨みといえます。

シングルモルトウイスキー白州バーボンバレルは、バーボンバレル(バーボンウイスキーの貯蔵に使われた樽で、容量は180リットル)熟成の白州モルト原酒のみのヴァッティングでつくられた数量限定ウイスキーです。

山崎バーボンバレル同様、バーボンというワードから自然に受ける腰の強さ、コクのある重い甘さとは少し印象の違うウイスキーです。

メレンゲを飲んでいると言ったら大げさですが、そう思えるほどにフワフワと優しい飲み口です。甘みの重さは山崎バーボンバレルに譲りますが、フルーティな香味の広がりの範囲は凌ぎます。
飲み込むと、喉には優しく、鼻には強めにバックが抜けてきます。

常温ストレートに少しずつ加水してみて下さい。
徐々に伸びていく香味の影響範囲が非常に分かりやすくて楽しいですよ。

2010年6月 4日 (金)

水割りとソーダ割り

ストレート、ロック、ミスト、ウイスキーの飲み方は大雑把に分けても数多くあります。さらに氷の形、硬さ、積み方、そもそも氷を入れるのか、グラスの形、高さ、ウイスキーの注ぎ方など、香味に影響する要素は様々にあり、少しの違いでストレートですら数多くの、無限のヴァリエーションがあります。

が、今日はあえて大雑把に、ウイスキーに水分が加わるとどうなるか?水割りとソーダ割りについて少し。

ウイスキーの水割りは海外ではあまりない飲み方で、日本独特の飲み方といえます。
比較的お酒に弱い方がアルコールを薄めるため、という目的もありますが、実はウイスキーが含んでいる香味は、水が加わった方が「開き」ます。抽象的な表現ですが・・・水とウイスキーが融合し、香味が感覚器官に影響する範囲がグッと広がって、穀物の旨みが優しく長く続きます。

では、ソーダ割りは水割りとどう違うのか。
水分との融合でウイスキーが「開く」ことは同じですが、ソーダ割りはベースのウイスキーの持つ香味の個性を分かりやすくする作用があります。炭酸の刺激と相まってより鋭角的に鋭く感覚器官に伝わります。

つまり
水割りはウイスキーの輪郭を円く広げて
ソーダ割りはウイスキーの輪郭をシャープにハッキリとさせます。

気分に合わせてチョイスして下さいね☆
ストレートをハーフで2つオーダーして、水とソーダをそれぞれ加えながら味の変化を楽しむのもアリです♪

2010年5月25日 (火)

ホワイトオークあかし シングルモルト5年

発売元は兵庫県明石市に本社を置く江井ヶ嶋酒造です。
もともとは日本酒メーカーとして1888年に設立された会社ですが、1919年に蒸留設備を備えたことで焼酎・みりん・ウイスキー・ブランデーの生産、販売もしています。
さらに1963年には山梨県にワイナリーを竣工し、販売ラインナップにワインも加わっています。

このウイスキーは、原料に英国から取り寄せた大麦麦芽を使用し、仕込み水は清酒用も仕込水である地下水を使用しています。
熟成にはホワイトオーク樽が使用され、シェリー樽で後熟させています。(ホームページより抜粋)

その味は・・・
・アロマ(グラスごしに感じられる香り)
アルコールの揮発が感じられる刺激に隠れて、水飴のような甘さが感じられる香りです。
・フレーバー(口にしたとき感じられる香り、味)
刺激が素早く喉まで届き、舌には大麦の甘さが感じられます。
飲み込むと、熱っぽさを色濃くのこしたまま、薬草系の少し苦い後味がバックします。

2010年5月10日 (月)

宮城峡1989

去年12月、1000本の数量限定で発売されたシングルモルトウイスキーです。1989年に蒸留されて20年の熟成を経た宮城峡蒸留所の4タイプのモルト原酒によって構成されています。

香りは、蜂蜜のような甘さとごく軽い酸味を、森林のような爽やかさが包んでいます。
円やかな口当たりで、舌の上を通る間は甘いのですが、飲み込んだ後のバックが薬草系のリキュールを思わせます。
ピート香とは種類の違う薬っぽさがあります。
フィニッシュは綺麗にスッとフェードアウト。

コクのある甘み、旨みがウリだった1988とは異なり、別タイプのウイスキーになっています。
いい意味で裏切られたと感じましたし、この個性的なバックには驚きました!

2010年4月22日 (木)

山崎バーボンバレル

このウイスキーは、シングルモルト山崎シリーズの構成原酒であるバーボンバレル(バーボンウイスキーの貯蔵に使われた樽で、容量は180リットル)熟成の原酒のみのヴァッティングでつくられた数量限定ウイスキーです。

バーボンというワードからは甘くて重い印象を受けますが、山崎シリーズのスタンダードである12年よりも軽くて飲みやすいです。熟したフルーツの甘み、少しボンドっぽいコクが12年には感じられますが(あくまで私には)、こちらは素直な甘みと軽やかさが感じられるのです。甘さよりも香りの華やかさが印象的で、喉への刺激よりも鼻への「抜け」が強めです。

おもしろかったのは、余韻の品の良さと長さです。
味や香りを表す表現としては正しくないですが、「綺麗」だと思いました。
トワイスアップで飲むのが最もこのウイスキーを酌み尽くせると思いますよ。

2010年4月12日 (月)

シングルモルト宮城峡1988

今回紹介するのは、宮城峡1988。
1988年に蒸留されて、2008年に瓶詰めされた数量限定のシングルモルトウイスキーです。
シェリー樽貯蔵の2種類を含む5種類の宮城峡原酒を使っています。(オリンピックイヤーだったことにかけてあるそうです)


・アロマ(グラスごしに感じられる香り)
20年を感じさせる厚みのある樽 熟成香だが、華やかな酸味を伴うハチミツのような側面もある。50%のアルコール度数が心地よく香りを立ち昇らせている
・フレーバー(口にしたとき感じられる香り、味)
口にする寸前、子供のころ吸ったツツジの蜜の思い出がよみがえる。
シェリー由来の酸味のある甘さと、宮城峡モルトの柔らかさとコクのある甘み、後半にはビターチョコのような印象もある。

いいお酒です。
テイスティンググラスにストレートで注いで、手のひらの上でずっと遊ばせていたくなります。離れがたくなるウイスキーなんです。
現品限りです。お早めに!
ワンショット3500円です。

2010年3月 2日 (火)

シングルモルトウイスキー山崎10年

普通、ウイスキーは熟成が進めばカドがとれて、飲みやすくなります。それなのに山崎シリーズで最も若い山崎10年が12・18年ものと比べても、または他ブランドの10年ものと比べて群を抜いて大人しくて飲み易いのは何故か。

シングルモルトには複数の種類の原酒が使用されているため、エイジングの差以外にも使用原酒の種類、数、構成比率で違いがあるからです。
麦芽の乾燥の際にピートを炊くのか炊かないのか、炊くなら時間、温度はどうするか。
発酵の時、使う酵母の種類、発酵槽の素材はどうするのか。
蒸留釜の種類は、蒸留方法はどうするのか。
樽の材質、大きさ、貯蔵場所はどうするのか。

生産工程においてこれ以外にも様々なポイントで差が生じ、出来上がる原酒の違いとなって現れます。若くても最初からかなり柔らかくて飲みやすい原酒、いつまで熟成させてもトゲトゲしい刺激を失わない原酒、柑橘系の果物のような香りをもつ原酒、余韻が長い原酒・・・
短所にも長所にもなる無数の個性をもった原酒がときに必然に、ときに偶然に出来上がります。
そして一本のウイスキーを造るにあたり、そのテーマに沿って原酒を選び、「何をどれだけ使うか」をブレンダーさんが決めるのです。

シングルモルトウイスキー山崎10年は、香り・飲み口・余韻どの段階でも、鼻・唇・舌・喉・どの感覚器官にも優しく染みていきます。狙いのもとに造られた原酒が選ばれて、狙いのもとに混ぜ合わされて、こういう性格のウイスキーが出来上がったのです。

ウイスキーは学校のクラスのようなもので、ある部分は共通の、ある部分は異なる環境で育ったそれぞれがそれぞれの個を主張しながら共存し、クラス単位の個性を構成します。ウイスキーは、どんなクラスにしたいかをまず決めてから、構成する個を誰にするか何度も吟味し、テーマに沿ったクラスに構成します。

山崎12年は山崎10年の何十人が全員成長した2年後の姿ではなく、はっきりいえば中の最年少が10歳か12歳かという違いしかありません。中身の個は別人なのです。もちろん、山崎の名を冠する以上、共通した特徴を発揮する個は存在するんですけどね。

2010年2月25日 (木)

シングルモルトウイスキー白州10年


以前紹介した12年は、舌の上を通過した後の主張が強くて元気のいいウイスキーです。普通、熟成年数は若いほど荒削りでパンチがあるものが多いのですが、白州10年は私の印象としては12年よりも大人しいと思えます。
なぜか?
それは、エイジングの差以外にも、使用原酒の種類、数、構成比率の違いがあるからです。「白州10年」というウイスキーを造るにあたって、それにふさわしい原酒が選ばれ、「何をどれだけ使うか」をブレンダーさんが決めます。(ブレンダーさんについてはまた今度)
そのため同じシリーズのウイスキーでも、表記されている熟成年数の差からの違い以外に多くの違いが感じられるのです。もちろんシリーズ共通の軸も残っていますが。
エイジングの違うウイスキーを飲むときは、違いと共通点を探して楽しんでください。

・アロマ(グラスごしに感じられる香り
白州シリーズに共通する、ボンドっぽさと柑橘系の混じった香り
・フレーバー(口にしたとき感じられる香り、味)
荒削り感はあまりなく軽快で飲みやすくて、すんなり。喉に一瞬わずかに刺激があるがスモーキーさはうすく、クリーミーでまろやかに甘い。

シリーズの中で12年が有名なため、白州=スモーキーなイメージですが、10年ものだけに限って山崎・余市・宮城峡と比較すると、白州10年が最もまろやかな甘さが備わっていると感じます。

ワンショット1000円です。

2010年2月17日 (水)

シングルモルト軽井沢17年 

3年前にKIRINに買収される以前から、メルシャンのウイスキー生産は縮小傾向にあり、現在は生産は行われておらず、貯蔵庫に眠る原酒をボトリングして販売するにとどまっています。
最も好調だった80年代には、40万リットルを生産していた軽井沢原酒は、無くなり次第もう飲めなくなってしまうのかもしれません。

シェリー樽由来の香りと甘みに独特の土臭い後味が合わさったオリジナリティあるこのウイスキーの結末が、まだ訪れることのないように祈るばかりです。

軽井沢17年には、シェリー樽原酒を中心に酒齢17~31年の軽井沢蒸留所原酒が使用されています。2004年にインターナショナル・スピリッツ・チャレンジで金賞を受賞したその味は・・・

・アロマ(グラスごしに感じられる香り)
色の段階で想像できるように、安心感をおぼえるシェリー樽の甘い香り
・フレーバー(口にしたとき感じられる香り、味)
スムーズな口当たりだが、かといって全体の印象は軽くはなくミディアム。15年で感じられた若干の苦味は感じられず、ほんの少しだけ酸味のある甘みが、優しく広く喉の奥まで染み渡るように届く

先斗町 BAR 吉祥 のサービス一覧

先斗町 BAR 吉祥